profile_Shotaro

クリックで拡大

「少しずつ、少しずつ、進むべき方向に近づいてきた気がします」

 

四大公害地帯の一つ、三重県四日市市で育った彼は公害対策を目指し大学では工学部に入学した。

ところが、教養課程で林学に出会い、もともとの自然好きも嵩じて農学部に転部した。
当初は研究者を目指していたが、より社会に役立ちたいと考え環境庁(当時、現環境省)に入庁した。
環境省では、霞が関や現地の事務所にて国立公園の管理、野生鳥獣の保護管理、国会対応などに追われた。思い出に残る出来事を聞かれ、彼は答えた。
「富士山での清掃登山をした時のことです。その登山道ではほとんどゴミを見かけることがありませんでした。でも、あるトイレの横にはゴミの山が…誰かが最初においていったのでしょう。捨ててはいけない、という規制は理解されていても、山をきれいにしよう、そのためにゴミは持ち帰ろう、という心になってもらえていなかったことが残念でした」

公務員時代は彼にとって、なかなかの激務だったという。

特に霞が関勤務時には、帰宅は毎日午前1時頃。
法律の作成に携わっていた際には朝9時に登庁して翌朝5時に退庁することが1週間ほど続いたこともあったという。

「自分すら大切にできないで何ができる?」

 

転換点となったのはある年の冬の深夜。
午前3時頃に退庁したが、既に電車もホテルの空きもなかった。
ふいに何もかもがどうでもよくなって、街中をふらふらと歩いた。気づくと、冷たい雨の中「傘もささずにずぶ濡れで、ぼーっと突っ立っている」自分がいたという。
「これではいけない、と感じました。自分のことすら大切にできないでいて、何ができるのだろうか、と」

自分の心に正直になり、そして富士山で感じた「法律や規制の根幹にある『自然を大切にしたいと願う心』を育てたい」との思いから9年間勤めた環境省を辞職し長野県軽井沢町で森のガイドになった。

「ガイドになってから一番嬉しかったのはお客様から『楽しかった。ありがとう』と言っていただけることでした。すごく嬉しかったです。公務員時代は仕事をして直接に感謝されることはほとんどなかったので、余計にそう感じたのでしょうね。」

 

「より人間らしい生き方へ」

 

軽井沢ではガイドやクマの保護管理など様々な経験を重ねたが、次第により人間らしい働き方、暮らし方に意識が向くようになったという。
早くに両親が他界したため、生活費を稼ぎながら大学に通った。ガイド時代には民間企業で利益を出すことの必要性と大変さについて学んだ。
「お金はとても大切です。不可欠だけど、やはりあくまでもツールだと思っています。もっと違う働き方・生き方をしてみたいと考えました」

2016年春、彼は退職し、縁のあった香川県に移住、長い休養をとった。

2016年も終わりに近づいた頃、共通の知り合いを通じて無双地図のメンバーと出会った。
彼らと出会い、話をしていくうちに、彼の中で自分が考える人間らしい働き方、暮らし方のイメージが見え始めたという。

「私は地域の自然やその自然の中に住む人々の食、暮らし、生業など、地域に根づいたものがとても好きです。ツアーではそれらをメインに紹介していきたいと思っていますが、加えて、地域の自然や人々とのふれあいの中で、お客様が『自分にとって大切なものはこれだったんだ』と再発見する、そのきっかけを提供できればと思っています。お客様の心の中にそんなお土産を作れたら最高ですね」

まわり道にみえたこれまでの道のり。それが今の彼にとって無くてはならない羅針盤になっている。

「人間らしい生き方、幸せな社会に」(本人からのメッセージ)

私にとって一番大切なテーマは、「人の幸せとは」です。

もちろん「幸せ」には様々な考え方があると思いますが、それは一言でいうと「人間らしい生き方」なのかもしれません。


無双地図の活動では、まずは本来全ての人に備わっている「人間らしさ」に立ち戻る機会を提供することで、新しい生き方や社会のあり方(地図)を創り出していきたいと考えています。

事業部名となっている「新記号」は、その生き方や社会のあり方の地図にこれまでにない新しい記号を創り出していきたいという思いから名付けました。これから様々な可能性を試したいと考えています。